「置き配」の問題が徐々に表面化

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷尚彦です。ストリームラインは2020年5月1日で創業20周年です!


新商品としてネット通販サイトに追加予定の「のれん」。今日はその準備をしていました。

「置き配」で増える「オートロック無断突破」 アマゾン配達員が明かす現場の事情

Screenshot-2020-7-19 お届け先住所の選択コロナ禍で注目されている「置き配」。便利な反面、問題も徐々に表面化されてきています。通常の対面での受け取りと置き配をT.P.O.に応じて、使い分けていけばいいんじゃないでしょうか。アマゾンでは「置き配」が標準になっているので、「配送指示>置き配指定>置き配を利用しない」にしないといけません。これをやらないで、勝手に置き配にされた、と言ってもねぇ…。見つけにくいところに、小さな文字で書かれているので、見落とさないようにご注意ください。この表示方法もかなり問題ですね。絶対見落とすね。

・ストリームラインが運営している全サイト一覧 https://linktr.ee/Streamline2000

ストリームラインの公式サイト

友だち追加
■LINEで「友だち追加」して、500円割引クーポンをゲット!
 + チャットと無料通話でお問い合わせできます!
■オーダーメイドの「通販セミナー!」やります!
ネット通販詐欺やお試し詐欺などの内容は、お問い合わせください。

コメント

非公開コメント