置き配が標準に?!

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷尚彦です。ストリームラインは2020年5月1日で創業20周年です!


だんだんと日常が戻りつつあります。お店も開いてきて、車も人も多くなってきました。これからが勝負ですね。油断大敵です。しっかりと、手洗い、うがい、マスクの着用をしないといけないですね。

新型コロナウイルス感染症の影響により、宅配便の「置き配」が注目されています。コロナにうつらないようにするために、人との接触を避ける方法として注目されているようです。Amazonでは「置き配」が標準の配達方法に設定されるので注意しないといけません。「まだかな、まだかな、こないな。どうしたんだろう?と思っていたら玄関の前に置いてあった(笑)。」ということが既に起こっているようです。だから、窃盗が後を絶たないようです。
「置き配」泥棒? 団地玄関の荷物盗んだ疑い、男を逮捕

佐川急便が置き配「指定場所配送サービス」をスタート

この「置き配」が今後のお届け方法のスタンダードになるんでしょうか。

ストリームラインの公式サイト

■LINEで「友だち追加」して、500円割引クーポンをゲット!
※「おちゃのこネット」でお使いいただけます。
                 
■オーダーメイドの「通販セミナー!」やります!
ネット通販詐欺やお試し詐欺などの内容は、お問い合わせください。

コメント

非公開コメント