STORESと送料無料

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷尚彦です。


きょうは「STORES」の編集をしていました。これまでは、トップページの「NEWS」をクリックしないと内容が確認できませんで したが、カスタマイズ機能を使い、トップページに3件のタイトルを表示すること ができるようになりました。これで、ナビゲーションもよくなりました。 そして、「送料無料!」、「返品・交換期間30日!」と「よくある質問」の3つのバナーをトップページに貼りました。訴求したいポイントがはっきりしましたね。

「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

この「ニューズウィーク日本版」の記事内容は、本質を突いたところは、私が言いたいことと同じです。同じネット通販でも、そもそもビジネスモデルが違うので無理があるんですよ。ちなみに、ストリームラインではショッピングモールに出店していないので、その分を「送料無料」としてお客様に還元させていただいています。北海道でも、沖縄でも、離島でも送料無料です。


■LINEで「友だち追加」して、500円割引クーポンをゲット!
※「おちゃのこネット」でお使いいただけます。
                 
■ご案内!:オーダーメイドの「通販セミナー!」を好評、実施中です!
みなさんの身近にある「通信販売」についての事例や体験談でわかりやすく、ストリームライン代表でショップジャパン元社員の通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)が解説します。内容は、ネット通販詐欺やお試し詐欺などをはじめオーダーメイドで対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

コメント

非公開コメント