手書きノート

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷尚彦です。


米9年目の進化へ“ダルノート”!ノムさんの“志”継承「考えることが財産に」

やっぱり、こういうときは「手書き」が一番ですね。私の場合は、モレスキンのハードカバーのノートを思いついたことをすぐにメモできるようにボールペンと一緒に左胸のポケットに入れていました。しかし最近では、iPhoneのメモ帳にささっと入力するようになっています。時代の流れですかね。ジャケットにあまり物を入れたくないというのもあります。でも、手帳は紙派です。


愛用している紙手帳の「ジブン手帳」には「IDEA」というのが分冊でありますが、その中にはビジネス上でのメモ、クラウド会計ソフトfreeeのマニュアル、確定申告をfreeeでやるときのマニュアルをボールペンでびっしりと書いています。マニュアルは、同じことを何回もやるので、その度に迷わないようにまとめています。アナログとデジタルをうまく使い分けて使いこなせばOKです。


■LINEで「友だち追加」して、500円割引クーポンをゲット!
※「おちゃのこネット」でお使いいただけます。
                 
■ご案内!:オーダーメイドの「通販セミナー!」を好評、実施中です!
みなさんの身近にある「通信販売」についての事例や体験談でわかりやすく、ストリームライン代表でショップジャパン元社員の通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)が解説します。内容は、ネット通販詐欺やお試し詐欺などをはじめオーダーメイドで対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください

コメント

非公開コメント