食品ロスのアイデア

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷尚彦です。


パッとしない天気が続いています。ちょっとブルーになってまう、今日この頃です。

もうすぐ2020年の1月も終りです。早いですねー。新年になったと思ったら、あっという間に1ヶ月が過ぎていきます。何もしていないのに、2月が来ますよー。2月は日数が少ないので、気づいたら3月です。時が過ぎるのは、早いものです。

「食品ロス」についての認識が日本では低いですよね。飲食関連の仕事をしている人でも、あまり関心がなさそうです。そんなんでいーのか?!今の時期だと、コンビニの恵方巻きが大量廃棄される問題が取り上げられていますね。まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」の量は年間643万トンらしいです。うち、半分は家庭から、半分は結婚式や忘年会などの宴会などからだそうです。宴会などでは、お店が「食品ロス」をピーアールして、協力したら代金10%割引にするとかのゲーム感覚でやると面白いかもしれませんよね。お店の差別化にもなります。

■LINEで「友だち追加」して、500円割引クーポンをゲット!
※「おちゃのこネット」でお使いいただけます。
                 
■ご案内!:オーダーメイドの「通販セミナー!」を好評、実施中です!
みなさんの身近にある「通信販売」についての事例や体験談でわかりやすく、ストリームライン代表でショップジャパン元社員の通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)が解説します。内容は、ネット通販詐欺やお試し詐欺などをはじめオーダーメイドで対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください

コメント

非公開コメント