通販のクーリング・オフ?!

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷尚彦です。


運賃の値上げにより、離れていった荷主が想定以上に帰ってこなかった、ということに尽きると思います。「効率化」を追求すると、業界を問わずに業績悪化へと向かいます。トップが現場を知らなさすぎますね。温度差が激しい。

よく「クーリング・オフ=返品」と思っている人がいますね。本当は違うんだけど、お客様と喋っているとニュアンスはちゃんと理解できていることが多いので、正しい専門用語の説明はしません。特定商取引法や返品特約のところは、事前にちゃんと読んで理解してから注文をしましょう。
0001_2020012415302807a.jpg


■LINEで「友だち追加」して、500円割引クーポンをゲット!
※「おちゃのこネット」でお使いいただけます。
                 
■ご案内!:オーダーメイドの「通販セミナー!」を好評、実施中です!
みなさんの身近にある「通信販売」についての事例や体験談でわかりやすく、ストリームライン代表でショップジャパン元社員の通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)が解説します。内容は、ネット通販詐欺やお試し詐欺などをはじめオーダーメイドで対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください

コメント

非公開コメント