偽の消費生活センター

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷です。


金曜日はお決まりのアレです。「ケースでわかる 通販トラブル!」の更新です。今回は、
2018年度の消費者相談件数とその概要の3回目で、 商品別相談内容件数についてです。健康食品と化粧品の2つがあいかわらず多い結果となり、共通しているのは「定期購入」についてということです。「お試し」のつもりが「定期購入」になっていた、というものです。表示についての法改正も施行されたんですが、定期購入については、まだまだ問題があります。


“ニセ”消費生活センターを案内する新手の架空請求の手口にご注意!
もー、誰を信用していいのか、わかりませんね。劇場型に消費生活センターが登場してきましたか。電話、メール、郵便などでのお金の請求は「すべて架空請求、すべて詐欺」です!



■ご案内!:オーダーメイドの「通販セミナー!」を好評、実施中です!
みなさんの身近にある「通信販売」についての事例や体験談でわかりやすく、ストリームライン代表でショップジャパン元社員の通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)が解説します。内容は、ネット通販詐欺やお試し詐欺などをはじめオーダーメイドで対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ストリームラインの公式サイト

コメント

非公開コメント