メールのマナー

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷です。


上司vs.若者「メール送った」と言うのは必要か
気遣いは必要ですよ。たまに「気使い」って書いている記事とかテレビのテロップがありますが、ちゃんとしてーって思います。FAXの導入が話題になった頃、後からTELフォローをするのが物議を呼んだことがありました。それと同じことがメールでも起こってるということです。このフォローTELは、ケースによっては必要です。

テンプレートに頼りがちなのは最近の傾向なのかな?以前からも同じようなことがありますよね。なんでもかんでも、「最近は〜」ってしてしまうのは怖いです。とにかく、考えなくなりましたね。テンプレートを使うのはいいですが、名前くらいはチェックしましょう。

メールを送信しても、何日も返信がないので、確認のメールを送るも返信なしって、どうなってんの?即レスポンスができない内容でも、その旨を「なるはや」で回答すべきです。業務が滞るんですけどー!「私を嫌いでもいーです。でも、メールは粛々と返信してくれ。」そんな気持ちです。あームカつく!と、おこちゃまな男子で、すいません。


■ご案内!:オーダーメイドの「通販セミナー!」を好評、実施中です!
みなさんの身近にある「通信販売」についての事例や体験談でわかりやすく、ストリームライン代表でショップジャパン元社員の通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)が解説します。内容は、ネット通販詐欺やお試し詐欺などをはじめオーダーメイドで対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ストリームラインの公式サイト

コメント

非公開コメント