メルカリチャンネル 終了

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷です。


メルカリがライブコマース機能「メルカリチャンネル」を7月に終了
2年での撤退。参入も撤退も簡単にできるのが通信販売の特徴です。石の上にも三年はやってほしいね。そういえば、ユニクロが農業から撤退したのも1年半くらいじゃなかったかな。「アパレルと違って、賞味期限があったから。」という理由だったような。

通信販売は外野からだと簡単そうに見えるんですよね。撤退の理由は、かっこよく言えば、経営資源の「選択と集中」ということです。実際には、かなり細かいことも多く、こんなはずじゃなかったのに、という結論で撤退することが多いです。そんなに簡単だったら、リアル店舗は全部が通信販売に取って代わられてるはずです。

ネット通販の台頭以前から業界にいると、そういうのが見えてきます。ノウハウもなく、簡単そうっていうだけではダメです。異業種参入が失敗していく理由は、そんなところです。

「ライブコマース」も3年ほど前くらいに第2次?ブームになり、しばらくして落ち着いたのかなと思ったら、撤退が始まっていました。ベンチャーは、そうやって「選択と集中」を繰り返していくんですよね。体力(資本力)がないと、持たないよ。


■ご案内!:オーダーメイドの「通販セミナー!」を好評、実施中です!
みなさんの身近にある「通信販売」についての事例や体験談でわかりやすく、ストリームライン代表でショップジャパン元社員の通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)を持つお客様対応専門員(CAP)が解説します。内容は、ネット通販詐欺やお試し詐欺などをはじめオーダーメイドで対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

ストリームラインの公式サイト

コメント

非公開コメント