電話

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級を持つお客様対応専門員(CAP)の古谷です。



1890年(明治23年)12月16日は、東京と横浜の間で日本初の電話事業が開始し、千代田区に設置された電話交換局が営業を始めた「電話創業の日」なんだとか。当時の電話代は定額料金で東京が40円、横浜が35円だった。1円で米が15kg買えた時代なので、今の価値に換算すると40円は24万円くらいになるらしい。定額制とはいえ、毎月の定額の電話代が24万円というのは信じられません。



100年以上も経った現在は、携帯電話の時代。電話代も世界標準では高いということで、政府が介入して値下げの方向で審議が進んでいます。そして、時代ももうすぐ次の元号に移ります。明治、大正、昭和、平成と変わってきましたが、次は何でしょうか?



ストリームライン

ストリームラインのネット通販

ストリームラインの消費者教育(通信販売)

コメント

非公開コメント

トラックバック