著作権料

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級を持つお客様対応専門員の古谷です。



やっと消費生活アドバイザー試験の合否結果が届きました。既に公式サイトやマイページで確認済みなので、新しい情報はありませんでした。だったらなぜ、圧着ハガキを郵送する必要があるんでしょうか?Web申請の人はメールアドレスの登録とかがマイページでできているので、郵送申請の人だけに送るんでいいんじゃないのか、と思うのは私だけでしょうか?



行政だけでなく、民間企業でもあるようです。知らないうちに、郵便が届き、著作権の使用料を払え、という内容だそうです。先日受講した著作権セミナーでもネタとして説明がありました。



高知県も1件ヒットしていますね。情けない。先日の著作権セミナーは高知県も共催でした。まずは、行政のスタッフのITリテラシーをちゃんと教育するべきじゃないの?高知県の会社と仕事をしていると、こういうライツに関心のない人たちが多く、イライラします。



ストリームライン

ストリームラインのネット通販

ストリームラインの消費者教育(通信販売)

コメント

非公開コメント

トラックバック