情報の伝え方

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級の古谷です。



今回の大雨による被害も甚大なものがありました。にもかかわらず、政府の動きはほとんど報道されていないような気がするのは私だけでしょうか。どーなってるんですかね?!



さて、今回の大雨の影響で、名古屋出張をドタキャンすることになったわけですが、高速バスやJRのホームページで運行情報のチェックをしていて改めて「情報の伝え方」って大事だと痛感しました。



運行情報の発信がなく、PDFで遅れています情報だけの高速バス会社。地元のバス会社は、運行状況の書き込みはあるものの、書き方が雑で本当に信じていいのか、とちょっと不安になる内容でした。そして、一番ちゃんとしていたのがJRバスです。ちゃんと、日付、便名、行き先などにわけて、わかりやすく記載されていました。



宅配便の情報発信は、初動から遅いところが多いです。どこで集配に影響が出ているのかが、なかなかオープンにされませんでした。すこし前の「大阪北部地震」のときも同じような状況でした。



「迅速で正確な情報発信」を心掛けることは大事です。コンプライアンスとか危機管理とかいうカッコイイ用語を使うより、まずは相手の立場になって「何が必要か」を考えてアクションすることです。



ストリームライン

ストリームラインのネット通販

ストリームラインの消費者教育(通信販売)

コメント

非公開コメント

トラックバック