外国語としての日本語

こんにちは、ストリームライン代表 & 通販エキスパート検定1級の古谷です。



午前中で雨も上がり、午後からはずーっとくもりでした。

明日もずーっと雨になってますが、どうでしょうか?

なぜか、やたら眠いんですけど。

ガッツリ寝ても、日中はむっちゃ眠いです。

集中力もなくなりますわ。

どういうこと?



そうですよね。出張先のコンビニでは、明らかに外国人という方がバイトしています。ホテルでも外国人がいますね。日本のサービス業の貴重な労働力です。ありがとうございます。



彼らにとっての「日本語」は、外国語です。

漢字に加え、ひらがな、カタカナもあり、世界で一番難しい言語と言われています。



2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、外国人観光客(インバウンド)が増加して、日本の文化や芸能などへの関心も増し、日本語も脚光を浴びるでしょう。政府も日本語教師のあり方について本腰を入れての検討が始まったように思います。以前は、外国人には英語でしゃべろうっていう感じでしたが、今では日本語でコミュニケーションを取ろう、みたいな風潮になっていってますね。



日本に来る外国人は、ちょっとは日本語をしゃべれるんですよね。母国で勉強したんだそうです。だから、もっと勉強して、日本文化なども好きになってほしいもんですね。



ストリームライン

ストリームラインのネット通販

ストリームラインの消費者教育(通信販売)

コメント

非公開コメント

トラックバック