春です、悪質商法が手をひろげて待ってます!

おもな悪質商法(架空請求、マルチ商法、キャッチセールス、デート商法、アポイントメントセールス)やネット関連のトラブルについての消費者教育は、ニーズがあるようですね。



この「消費者教育」という用語は、どーにかならんのか?!

一般に認知がされていないので、「消費者教育を受けたことがある?」と聞いても、誰も「???」なのだ。



これから、浸透させていかないといけないね、気が遠くなるけど。



都内の若者に聞く、悪質商法の被害を受けたのは4.0%、勧誘されたのは?

コメント

非公開コメント

トラックバック