同友会で思うこと

この前の同友会の例会。



代表理事のスピーチで、業態転換という内容がありましたが、業態転換をしても基本となる経営資源をベースにしているところに深く共感して、その後のグループ・ディスカッションのテーマにもなりました。新規事業をするときでも、今ある事業の派生でなくてはいけません。弊社の場合だと、中心に「通信販売」という核を置いて、その関連の事業を展開するというイメージです。



いろいろな経営者と話をしていると、同友会=仲間と考えている方が多くいました。

上司でも、部下でもなく、年齢やキャリアを超えた「仲間」という感覚なんです。だから、お互い持ちつ持たれつになります。決して、な~な~じゃなくて、お互いの得意不得意を補完するような関係。応援団であり、サポーターであり、よきアドバイザーなんですね。ちなみに、私は年齢やキャリアや性別に関係なく、いつも毒舌です。それが、いいのか悪いのかはわかりませんが…。



同友会の1週間はおしまいっ。

あすからは、9月です。

ちょっとは、涼しくなって欲しいですよね。

コメント

非公開コメント

トラックバック